自己破産

住宅ローンの支払いが大変になったら、自己破産を検討する方が多いでしょう。
債務整理(借金の解決)=自己破産というイメージはいまだに根強いです。
自己破産をすれば確かに住宅ローンは処理できますが、デメリットも多いのです。
破産者名簿に名前が登録されますし、ローンも利用できなくなります。
いわゆるブラックリストに掲載される状態になります。
5~10年はローンを組めなくなりますから、何を購入するにしても一括しかないのです。
また、当然のことながら住宅や自動車も失うことになります。
任意売却は、自己破産よりも制限は少なくなります。
競売よりも高値で手放すことができるので、住宅ローンの残債を少なくできるわけです。
引越しや生活に要する資金を受け取れる場合もあるため、一から生活をやり直したい方にとって大きなメリットとなります。
残ったローンの返済計画を立てやすいのも特徴です。
弁護士が債権者側と交渉して、無理なく返済できるプランを模索してくれます。

任意売却の相談をする人

任意売却の相談は、弁護士に任せるのが一番です。
住宅ローンの返済が厳しくなり、完済することが難しいと感じたら、早めに手続きをしておきましょう。
返済できない状態を放置しておいても、何のメリットもありません。
ますます借金が増えるだけです。
住宅ローンの返済が厳しくなることは、誰にも考えられることです。
会社員の方ならば、急にリストラに合わないとも限りません。
誰しも、自分は大丈夫だとは思いながら、ある日突然リストラに遭ってしまうのです。
仕事を失ってしまえば、住宅ローンの支払いはすぐに厳しくなるでしょう。
再就職には平均して6ヵ月はかかると言われています。
それだけの貯蓄があればいいですが、失業時のリスクまで想定して貯蓄している方は多くはありません。
収入がない状態でも、住宅ローンの返済は続けなければいけません。
返済日に遅れれば催促状が届きます。
自力で解決できないと思ったら、すぐに任意売却の手続きを取ることです。