メリットを紹介

任意売却のメリットは、市場の相場に近い価格で売却できることです。
競売の落札額のほうが安くなるのが普通です。
そのぶん、借金は多く残ってしまうわけです。
任意売却は、弁護士が手続き・交渉を行ってくれます。
債権者と交渉して、返済の方法を変更することも可能となります。
毎月の返済額を減らすなど、いろいろな救済策が残されています。
任意売却のメリットは、債務整理に例えると分かりやすいです。
ローンの返済を停滞すると、一括返済を迫られることになります。
債務整理を行った場合、業者からの取立てがピタリと止まります。
その後、弁護士が業者側と交渉して、債務者が無理なく返済できるプランを模索していきます。
これらの手続きは、自分で行うことはできないのです。
債務整理を行ったほうが、確実に借金を整理できるわけです。
任意売却もこれと同様です。
弁護士が手続き・交渉するので、債務者の経済状況に合わせた返済プランに組み直すことができるのです。

任意売却の仕事をしていたことが有ります。

不動産屋をしていたときに良く、任意売却の仕事をしました。
かなり手間が掛かり大変な仕事です。
競売になる前の物件を扱いますので、問題が多いです。
債権者と債務者がいますので、なかなか話がまとまりません。
債権者は出来るだけ残債の金額通りを欲しがります。
債務者は安く残債を抑えたい、お互いに上手く行くことが少ないです。
折角買ってくれるお客さんを見つけても、殆どの場合債権者の方が断ってきます。
多くが競売に行くケースが多いです。
競売の方が当然、任意売却よりもかなり安い価格ですが、そのほうが債権者としては、簡単でいいようです。
件数が多いので、個別に話をするのは面倒なようです。
もっと任意売却する案件を増やすとかなり資金回収できると思うのですが、担当者は、自分のお金では無いので関係ないようです。
早めの回収しか考えていないようです。
もう少し親身になってくれるとかなり回収金額は増えると思います。
銀行が危なくなるといつも税金を投入するのに、赤字を回収する方法は、かなりずさんです。