オフィスレイアウトの事例について

オフィスレイアウトを見直すことに興味はありますか。仕事の効率などを重視して、一年に何度もレイアウトを見直している会社はたくさんあります。しかし、何度繰り返しても想像していたような効率化には繋がらないと考えている場合は、他の会社の事例を参考にしてみることも重要です。例えば、ゾーイングという言葉があり、これは建物の空間を機能別やその用途別にしっかりまとめて仕事の効率化に繋げることです。オフィスレイアウトで重要なことは、仕事のスペースと会議用のスペース、また休憩を行うスペースを極端に分けることです。こういった当たり前とも言える行動を起こせていない会社がとても多く、基本的な部分が欠落しています。まずは、基本的なオフィスレイアウトを想像して、そのレイアウトが決まったときに微調整を行っていく方が効率的です。


オフィスレイアウトの事例について

オフィスレイアウトを考えたことがありますか。仕事がしやすい空間を作ることは、会社で働く者への配慮だけではなく、実際に会社の売り上げに影響が出てくることもあります。さまざまな事例を参考に、その会社で最も適しているオフィスレイアウトを構築することが重要です。まず、一般的にワークスペースと呼ばれている場所ではどのような分け方がされているかと言えば、デスクなどの仕事場と収納スペース、そして会議スペースなどですが、実はほとんどが余白のスペースです。余白のスペースを設けることはあまり良いことのように感じないかもしれませんが、実はこの余白スペースこそが仕事の効率に繋がります。皆がオフィスを見渡したときに、余白が多くあることで快適な気持ちになり、自然と仕事の効率が上がってきます。オフィスレイアウトを考えるときには参考にしてください。


オフィスレイアウトの成功事例

企業にとってオフィスレイアウトは仕事の効率を左右するだけでなく、対外的にも重要な役割を果たします。机の並べ方一つで印象も変わり、快適な職場にする事が出来ます。成功事例としては先ず余計な物は一切置かないことです。資料などはまとめて別の部屋か倉庫に保管します。項目別に整理して誰でも簡単に見つけ出せるように工夫します。探す時間がロスになります。コンパクトを心掛け、人の動線に合わせた効率の良い配置にします。真っ直ぐ並べれば良いというものではありません。仕切りも極力無くし、見通しを良くします。来客があった場合の対応は受付の他、応接室を用意する事が大事です。会社は見られています。どんなお客様に対してもおもてなしが必要です。色合いも心理的な影響力があり、緑はリラックス、青は冷静を保てる配色です。統一感を持たせると雰囲気や印象が随分と変えられます。

当社の他社との違いとは、オフィスや事務所などの内装やレイアウトをデザインから施工までトータルで行える事です。 オフィスの原状回復工事は1000件以上の実績がございます。事例を紹介中、オフィスレイアウトはフロンティアコンサルティングへ。 物件探しやデザインなどを行っていて、国内の営業拠点になる、東京・名古屋・大阪に事務所があり、ご要望に応えています。 当社の実績とは、事務所やオフイスのデザインや内装、各種設備工事を通して明るく働きやすい環境作りをしている事です。